2013年05月26日

青磁天鶏壺 西晋(越州窯)

山の緑が日増しに鮮やかになり、気が付くと富士山の雪も大分無くなって黒い山肌があらわれてきました。その富士山が世界遺産へ登録される見通しとなり、国の象徴から世界の宝へと、益々雄大な姿に見えてきました。
富士五湖と八ヶ岳、武田信玄、・・・恵まれた自然に囲まれその中で育まれてきた文化に改めて目を向けていきたいと思います。

さて、時代は漢から晋へと進みます。
三国時代から西晋時代にかけて(220年〜317年)青磁が発展し、現在の上海近くの越州窯で独特な形の青磁が大量に焼かれました。人々の生活を連想させる楼閣や家畜の羊、犬、鶏舎などの焼き物です。
そして盤口壺に取っ手が付いたもの、鶏や羊の頭を注口としたものなどユニークな形が多いのが特徴です。


080.JPG
posted by スタッフ at 14:52| Comment(0) | 日記

2013年05月03日

緑釉壺(後漢)

ただ今ゴールデンウィーク真っただ中。天候も良く通勤の道は県外ナンバーの車が目立ちます。
皆様は連休いかがお過ごしでしょうか。

さて前回の石器時代からはるか時代を超え、漢代へと進みます。
B.C.200年頃の前漢からA.D.220年頃の後漢までは緑釉や褐釉の明器がたくさん作られました。
明器は神殿や墓に供えるために作られた器もので、秦、漢代に発達しました。
俑とも呼ばれ、秦の始皇帝の兵馬俑はその迫力であまりにもよく知られていますが、
器だけでなく馬、羊、豚、鶏などの動物や、楼閣など様々な形のものがあり、
当時の生活様式がうかがえます。
漢代の緑釉陶器はそれまでの青銅器に代わる副葬品として流行しました。


DSC00075.JPG
緑釉壺(後漢) 口径6.4p 胴径 10.5p 底径7.5p 高さ11.6p 重さ520g
posted by スタッフ at 14:37| Comment(0) | 日記

2013年01月21日

彩陶双耳壺

昨年11月、「中国陶磁の小品展」に展示替え致しました。
人類文明の黎明とともに発祥、進化発展してきた中国の陶磁器を小さいものに限定し展示しています。
中国?千年の歴史、といいますが、その気の遠くなるような想像もつかない歴史を背負っている陶磁器を目の前にすると時間を忘れただたたずんでしまいます。

今回はこのブログのなかで、時代を追って少しずつ紹介していきたいと思います。

まずは彩陶双耳壺・新石器時代・馬家窯文化期(ばかようぶんかき)の壺です。
今から4000〜5500年前、紀元前3000年前後の仰韶文化晩期の頃の彩陶です。
橙色の地に黒の波状紋が鮮明に描かれ、今そこから出てきたばかり・・といってもいいほど完成された形と紋です。
紀元前4000年から紀元前2000年にかけての中国新石器時代・甘粛仰韶文化の彩陶は、この頃の遺跡を発見したスウェーデンの考古学者アンダーソンの名前からアンダーソン土器と呼ばれています。器形としては碗・盆・瓶・壺・罐などがあり、紋様には平行条紋・波状紋・円点紋・渦紋・三角紋・菱型紋などが施され、橙赤色の地に黒茶色・黒彩で紋様を描いたものが多くあります。


DSC00049.JPG
口径4.3p・胴径9.7p・底径3.4p・高さ11.8p・重さ200g
posted by スタッフ at 16:00| Comment(0) | 日記